観光スポット

光かがやく島、スリランカ。
手つかずの自然、文化遺産、そしてスリランカ人の純粋な笑顔。
まるごと含めてが、スリランカの魅力。

????????
  • スリランカについて

2009年に内戦が終結し、“光り輝く島”という意味の通り観光の魅力を放つようになったスリランカ。スリランカは日本の南西約7500kmインド洋に浮かぶ島国です。総面積6万5607k㎡と北海道より一回り小さくしたシズク形をしています。

  • スリランカの言葉の由来

ギリシャ人の船乗りが、インド洋に浮かぶスリランカ島に付けたSerendipという名は、英語で「偶然見つけた美しさ」を意味するSerendipityという言葉の語源になっています。それから2000年経た現在も、独特な魅力を携えた島スリランカは、その通り予期せぬ楽しさを次々に見せてくれています。

  • スリランカは美しいだけでなく、人々の優しさも印象深い

うっとりするほど美しい風景、一点の汚れもない黄金海岸、海と陸の豊富な生物群、歴史の刻まれた寺院、巨大な遺跡、ユニークな伝統文化や民間伝承と溶け合っているスリランカは東南アジアの押しも押されぬ人気スポットです。観光地としての美しさだけでなく、人々のくったくないやさしさが、スリランカのもうひとの魅力です。

エリア別観光スポット紹介

コロンボ周辺
商業施設にあふれ、スリランカでもっとも都会ならではのエネルギッシュさを感じる都市です。

文化三角地帯
世界遺産はもちろんのこと、遺跡、洞窟、寺院、壁画、仏像など、スリランカの敬虔な仏教文化をご覧になれるエリアです。

内陸地帯
紅茶畑や、リトルイングランドの名にふさわしく、古きよき時代のイギリス文化を色濃く残した建築物をお楽しみいただけます。

東海岸エリア
世界でもっとも美しいと評判の港もあり、マリンスポーツを思いっきり楽しめる場所です。

南西海岸エリア
世界12大ビーチに数えられる海岸から、サンゴ礁、ダイビングを楽しめる海岸まで、さまざまな特徴をもった海岸があつまるエリアです。